タリン港からヘルシンキ港へフェリーで移動した話。出発時刻より早く出てしまう罠!

TORIAEZUの中嶋さんからフィンランド行きますけど来ます?と誘いを受けました。

とりあえずの精神で私も参加することに。

中嶋さんは始発6:30で行ってしまいました。

僕は15時頃につけばよいとのことでしたので、10:30の便で行くことにしました。

タリン港は結構広いので注意

タリン港は広いです。車であればスイスイですが、歩いていくとなると

またポートによって行き先が違います。

今回フィンランド行きにのるということでしたが、別のところに行ってしまう便もあります。

今回はDポートというところが正解です。

フェリーの中は快適

食事、パブ、カジノ、マッサージなど様々な娯楽があります。

Wi-Fiがあるので仕事も可能ですよ。

 

ヘルシンキ港からがまたわからん

ヘルシンキ港までついたのはいいですが、そこから先どのように進んでいいかが分かりませんでした。

一応目の前にトラムらしきものがあったのでそれに乗っていけばよいのかということでヘルシンキ駅まで進んでいくことにしました。

中嶋さんと友人Rさんと合流

何とか合流することができました。

そして中嶋さんの友人Rさんとも合流。この方は日本人とフィンランド人のハーフということで日本語、英語、フィンランド語と3か国語を喋れるという万能。

1時間ほどヘルシンキ周辺を案内してもらいました。

ヘルシンキンのスタートアップイベントデモデーに参加

スタートアップイベントに参加することにしました。

一応事前に予約しておけば無料ということでした。

英語が分からなかったので完全には分かりませんでしたが、投資家の人の前でプレゼンしてもっともよいものに50,000ユーロ(約500万)が出資されるという趣旨のようでした。

ヘルシンキ港ータリン港へ無事帰還

弾丸ツアーでしたが、これで船と空両方とも行き方が理解できました。

帰りは二人とも疲れすぎて爆睡してしまいました。

個人的にはフェリーもなかなかおすすめだと感じました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

シンガポール旅行記!中国東邦航空にはまる!

NO IMAGE

IT超大国エストニアに飛んでみた話。TORIAEZUの中嶋さんとも